2017/5/28

第1回 麗澤サイエンスカフェ開催

早稲田大学より2名の若手研究員をお招きして

全体の様子
全体の様子

 5月26日(金)の16時30分より、早稲田大学寄田研究室より飯澤知弥さん、鷲見貴生さんの2名の若手研究者をお招きして、第1回麗澤サイエンスカフェを開催しました。現早稲田大学助手の飯澤さんは、スイス・フランスにある欧州原子核研究機構(CERN)で行われているATLAS実験に参加されており、現早稲田大学先進理工学研究科物理学及応用物理学専攻博士課程3年の鷲見さんは、液体アルゴンを用いて暗黒物質を探索するANKOK実験に参加されています。

手作りのポスター
手作りのポスター
Reitaku Student Plaza"はなみずき"で開催
Reitaku Student Plaza"はなみずき"で開催
前列は中学生
前列は中学生
真剣に話を聞く高校生
真剣に話を聞く
高校生
専門性の高い内容でした
専門性の高い
内容でした
わかるまで質問します!
わかるまで
質問します!
素朴な疑問も聞いてみました
素朴な疑問も
聞いてみました
ウロボロスの蛇に見る物理の世界
ウロボロスの蛇に
見る物理の世界
生徒からの質問
生徒からの質問

 当日は、麗澤大学のReitaku Student Plaza ”はなみずき”を会場とし、生徒20名、保護者など19名の総勢39名が集まりました。素粒子物理学という高度な専門性を持った内容に関する研究の話を生徒がすべて理解できたわけではありませんが、それでも一生懸命に学ぼうとする姿があり、いろいろなことについて質問する生徒も多くいて、あっという間に2時間が経ち、終了となりました。
 終了後のアンケートには、「9割理解できなかったけど最先端の研究について知ることができた」「おもしろかった。物理の分野や宇宙の研究について興味を持った」などの感想があり、参加された保護者の方からも「内容は難しかったが視野が広がった」「普段聞くことのできないお話でとても新鮮だった」とご意見を頂きました。
「中高生の時にしておいた方がいいことはありますか」との質問に対しては、「一般の本や大学の教科書を読んで、次のステップにつながる学びをする」「中高生時代は幅広くいろいろな体験をすることが大切」というアドバイスを頂き、日頃の学校での学びのみならず、さまざまな事に積極的に挑戦してほしいとの言葉を頂きました。
 次回は7月に開催の予定です。どうぞご期待ください。

全員で集合写真
全員で集合写真

ユネスコスクール加盟校である本校は、昨年度実施した「アストロトーク」が好評だったのを受け、今年度、理系の専門家をお呼びする「サイエンスカフェ」を実施してまいります。多様な理系イベントを開催することで生徒の興味関心を喚起し、また世界を舞台に活躍されている方のお話を聞くことでグローバルについて考え、今後の社会の発展に寄与できる人間を育てます。

ホームへ先頭へ前へ戻る