2017/11/1

第3回 麗澤サイエンスカフェ開催

東京大学より宮本道人をお招きして

10月14日(土)の14時から16時に、東京大学 理学系研究科 博士課程に所属する宮本道人さんをお招きして、第3回麗澤サイエンスカフェを開催しました。今回の講師である宮本さんは、物理学専攻で神経生理学を研究しながら、批評を軸に執筆活動もしている方です。
当日は、麗澤大学のReitaku Student Plaza ”はなみずき”を会場とし、本校・他校の生徒を含め生徒20名、保護者など20名の総勢41人が集まりました。身の回りのものから自分の興味に結びつけ、自分達の”研究テーマ”を探すグループワークなどを行いました。初対面の方が多い中、年齢も所属も異なる6人毎のグループに分かれ、それでも活発に議論をしている姿が見られました。

終了後のアンケートに寄せられた感想を一部ご紹介します。
・初対面の人と深くディスカッションができて,充実していた。
・日頃考えたこともないことを突然言われ,新鮮だった。
・頭の中が少し柔らかくなった気がした。
・自分一人では一生思いつかなかったアイデアがたくさん聞けた。
・グループワークを通じて,自分一人の力では発想できないことが生まれる。
・身の回りのものから自分の興味のあることをはなしたり,そこからグループで
 話し合ったりすることのむずかしさと面白さを感じた。
・自分の興味がないものでも他の人が興味を持っていて,それについて考えることで
 理解が深まること,身の回りのものから自分で話題をつなげていくことの大変さを
 学ぶことができた。
 
次回は12月を予定しております。ご期待ください。

ホームへ先頭へ前へ戻る