2017/11/29

第7回 センスアップマナー講座

上座・下座について

11月18日(土)第7回 センスアップマナー講座を行いました。今回は、知人のお宅を訪問した際の挨拶や応対のマナーについて学びました。特に、日本の伝統文化である風呂敷と座布団の使い方について、ご指導いただきました。風呂敷は、最近は利用する方が少なくなってきましたが、形を変えてあらゆる物を包むのにとても便利であるということや、座布団についても運び方やお客様への出し方、使い方に至るまで細かくご指導いただきました。日本には、古くから上座と下座の関係が相手を尊重する文化として残っていて、お客様に席を譲る時や、自分が座る時にもこの礼法が役に立つことを教えて頂きました。片平先生から今の時代に沿った礼法とは何か、社会に出て必要とされるマナーとはどうのようなものなのかを丁寧にご指導いただきました。次回は、お茶の入れ方とお菓子の頂き方について受講する予定になっています。            主任 諌山寿徳

ホームへ先頭へ前へ戻る