2008/08/07

学習トピックス(社会)

社会科 : 山本 崇之

50分の授業はショータイム!
臨場感たっぷりに学び、ぐんぐん興味を掘り下げよう!

中学の社会科は地理、歴史、公民という順で学年進行で学んでいきます。3つのジャンルを掘り下げながらも、それぞれを連携させた横断的な内容に配慮。暗記事項優先だった小学校時代からグンと前進し、「社会」への深い興味を呼び起こす授業をめざしています。特に私が担当する歴史ではドラマ性を重視し、50分の授業はまさにショータイム。
時には私が聖徳太子になりきって生徒とやりとりをするなど、再現ドラマのごとくリアリティのある場面を工夫しています。またパワーポイントも駆使して、耳から眼から「そうか、なるほどな」と思わせる授業を実行。大事な知識、考えてほしい点を伝えていきたいと思っています。そして歴史学習を通じて、日本への温かい視線や誇らしい思いを育めたら嬉しいですね。

ホームへ先頭へ前へ戻る