麗澤中学・高等学校

MENU

エッセンシャル叡智コース

多様な体験をもとに幅広い可能性の中からベストな進路を選択

EEコースでは、麗澤教育のエッセンスをさらに充実・発展させ、グローバル社会で求められる本質的な力を養成します。勉強と学校行事や部活動を両立させながら、質の高い自学自習力を磨き上げ、多様な進路の実現に向けて幅広い学力を培います。4年次までは共通カリキュラムで学んだ上で、5年次からは叡智TK・叡智SK・叡智ILの3コースに分かれ、難関大学への進路実現を目指します。

特長丁寧なサポートを徹底しています

授業内容を学び残すことがないよう随時、確認テストを実施。授業時間外でも教員が生徒の疑問や理解が不十分な点を補完できる体制を整えています。また、学年ごとに教科会議を毎週実施して、各クラスの学習進度や目標を共有。生徒一人ひとりを学年全体でサポートしていけるように努めています。

特長徹底した基礎力の定着

毎朝10分間の積み重ねが将来に活きる

学年ごとに責任をもって6年間をしっかりと育てる体制をとっています。例えば1年次では、毎朝SHR前の10分間を、主要教科の確認テストや新聞ワーク、文章トレーニング等として最大限に活用します。「たかが10分、されど10分」、この時間を学習サイクルの中の「復習」や「確認」の環境として設定すること、また各種の試験に向けて意識を高める「機会」とすることが目的です。進学を希望する学部・学科を固める時期までに、じっくり着実に学力をつけておき、幅広い進路選択ができるようにすることがEEコースの学習のテーマです。

特長オリジナル補助教材

学習指導法を常に研究・進化させています

毎年、入学してくる生徒の個性は異なります。このため、画一的な学習指導ではなく、学年ごとの適性に合わせた授業を行うべきだと考えています。たとえば英語科では、英語を身近に感じながら楽しく学んでいけるオリジナルのプリント教材を豊富に取り揃えています。他の教科でも同様な取り組みを行っています。加えて、授業のペースや重点的に学ぶ分野など常に研究し、ICT教材やアクティブラーニングなども積極的に取り入れ、学習指導法を進化させ続けています。

多様な進路目標に対応する3つのコース(5年次以降)

叡智TKコース

東京大学をはじめとする難関国立大学への現役合格を目指すカリキュラムを編成。高い志を共有するクラスメートたちと切磋琢磨し合いながら「団体戦」で受験に挑みます。通常授業と長期休暇講座などの課外講座を組み合わせて先取り学習を行い、早期から演習対策にも取り組みます。

<目標とする大学>
東京大学、京都大学など難関国立大学・国公立医学部

叡智SKコース

勉強と部活動を両立させながら難関私大・国公立大学への進学を目指すコースです。第一志望大学への進学を実現できるように、特に基礎力構築に力を入れています。主要科目の習熟度別授業、長期休暇中の進学講座など、きめ細かな指導で着実に実力を高めることができます。

<目標とする大学>
慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、東京理科大学、GMARCH、国公立大学など

叡智ILコース

国内の大学に加えて、海外の大学への進学も視野に入れた実践的英語教育を展開しています。英語の基礎力の上にコミュニケーション能力・表現力をしっかりつけるために、スピーチやプレゼンテーションを実施。6週間の短期留学など、コース独自の様々なプログラムも取り入れています。

<目標とする大学>
東京外国語大学、国際教養大学、慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、国際基督教大学など

PAGE TOP