麗澤中学・高等学校

MENU

NEWS

2021.06.03 部活動

【麗澤高校女子テニス部】全国総合体育大会千葉県テニス大会 団体 第5位

 中間試験の翌日である令和3年5月28日(金)と30日(日)に全国総合体育大会千葉県テニス大会がフクダ電子ヒルスコートとスポーツセンターを会場に行われました。 6年生にとって引退のかかった最後の試合、関東高校千葉県予選会より上を目指して戦いにのぞみました。

2回戦    麗澤 3-0 犢橋                                                                                                  D 渡邉佐和・中澤果子 S1杉浦望花  S2 中新ゆずりは                     3回戦    麗澤 2-1 国府台女子                                                                                               D 渡邉佐和・小山莉央 S1杉浦望花  S2 中新ゆずりは            4回戦    麗澤 2-0 東海大浦安                                                                                       D 渡邉佐和・小山莉央 S1杉浦望花  S2 中新ゆずりは           準々決勝    麗澤 0-2 東京学館船橋                                                                                                 D 渡邉佐和・中澤果子 S1杉浦望花  S2 中新ゆずりは

 初戦を危なげなく勝ち上がり迎えた3回戦。ダブルスは一進一退、シングルス1は 実績のある相手に苦戦、シングルス2はラリー戦でポイントを取りリード。応援にも熱が入りました。 終始有利に展開を作ったシングルス2の中新はゲームを落とすことなく勝利し、チームに勢いをつけてくれました。シングルス1はボレーを決めてポイントをつかむも相手の深く早いラリーにゲームを落とし、勝敗はダブルスに託されました。序盤で競っていたダブルスは渡邊の鋭いラリーに小山が合わせてポーチが決まり試合の主導権を握って相手にプレッシャーをかけて勝利することができました。続く4回戦では終始有利に進めたダブルスと安定したショットで相手を圧倒したシングルス2で勝ち、4-2リードのシングルス1の結果を待たずに準々決勝へつなぎました。

 準々決勝で戦ったのはインターハイを決めた東京学館船橋。実力校相手に気持ちでは一歩も引かず、渡邉佐和と中澤果子のダブルスは息の合ったプレーで相手の決め球を鋭く返球しポイントを取るなど覇気のあるプレーで相手に揺さぶりをかけました。シングルスの杉浦も相手からエースを取りガッツポーズする場面もあり善戦しましたが共に敗れました。

 ベスト4進出は叶いませんでしたが、自分たちの力を出し切り、チーム皆でつかんだ団体第5位でした。6年生はこれで引退となり5年生にチームのバトンを渡します。新チームで新人戦ベスト4以上を目指して頑張りたいと思います。いつも見守り応援してくださった保護者の皆様、ありがとうございました。(顧問 丹羽眞樹子)

PAGE TOP