麗澤中学・高等学校

MENU

NEWS

2022.04.29 お知らせ

廣池幹堂理事長が令和4年春の叙勲にて「旭日中綬章」を受章

2022年4月29日に発表された令和4年度春の叙勲において、廣池幹堂理事長が旭日中綬章を受章しました。旭日章は、国家または公共に対し功労のある方を対象とし、顕著な功績を上げた方に授与される勲章です。廣池理事長は、1989年(平成元年)に現職に就任し、約30年間私学振興に寄与されてきました。そのご功績が称えられ、今回の受章となりました。

 

受賞の栄に浴して―廣池理事長より

このたびの受章は、私個人の栄誉ではございません。創立以来の多くの先人・先輩方の努力と献身の賜物であり、麗澤各校の卒業生や園児・生徒・学生と保護者の皆様、全国各国の公益財団法人モラロジー道徳教育財団維持員の方々、法人に貢献された教職員、関係者による私学振興への尽力によるものであります。そのことを共々に喜びたいと思います。
これを励みとし、私どもを支えてくださる皆さまと共に、今後も創立の理念であるモラロジー(道徳科学)に基づく「知徳一体」の教育を守り続け、次世代につなぎ、学校教育ならびに生涯教育に力を尽くしていくことをお誓いします。

感謝の想いとさらなる私学振興への誓いを述べた廣池理事長ご夫妻

旭日中緩章と勲記

 

廣池理事長プロフィール

1950年4月5日、廣池千太郎の長男として東京に生まれる。麗澤高等学校卒業後、東北大学に入学、1974年、同大学教育学部教育学科卒業。その後、財団法人モラロジー研究所研究部研究員、麗澤大学ワシントン事務所代表等を歴任し、1989年に財団法人モラロジー研究所所長(1991年1月、文部大臣認可により理事長に呼称変更)、学校法人廣池学園理事長、麗澤大学学長、麗澤高等学校校長、麗澤瑞浪中学・高等学校校長、財団法人麗澤海外開発協会会長に就任。現在、公益財団法人モラロジー道徳教育財団理事長、学校法人廣池学園理事長、一般財団法人麗澤海外開発協会会長。1994年9月、ブラジル・サンパウロ州知事よりバンデイランテス勲章を、2014年、藍綬褒章を授与される。著書に『21世紀をどう生きるか』『世界に誇る日本人―21世紀に伝えたい日本の心』(いずれも対談集:モラロジー研究所刊)『玲瓏のこころ』(モラロジー研究所刊)『人生の名言・歴史の金言ー現代人の心に効く55の言葉』(育鵬社)『「三方よし」の人間学 廣池千九郎の教え105選』(編著、PHP研究所)『「三方よし」の経営学 廣池千九郎の教え99選』(編著、PHP研究所)『国家と道徳』(文藝春秋)等がある。

PAGE TOP