2016/9/21

2015年ノーベル物理学賞受賞者
梶田隆章先生特別講演会
「『ニュートリノ』の小さい質量の発見」

創立者廣池千九郎 生誕150年記念として

たくさんの人が聴講しました
たくさんの人が聴講しました
講演の始まりです
講演の始まりです
写真を交えてお話いただきました
写真を交えてお話いただきました
生徒も教員も聞き入ります
生徒も教員も聞き入ります

9月20日(火)、本校第2体育館にてノーベル物理学賞受賞の梶田隆章先生にご講演いただきました。講演会当日は麗澤中学・高等学校の生徒約1,250名全員が授業の一環として参加したほか、麗澤大学生や地域の方々など約200名が聴講し、参加約1,500名が熱心に聴講しました。

初めに、麗澤大学の中山学長より開催のご挨拶をいただき、小野副学長より梶田先生のご紹介をいただきました。

冒頭には、ご自身の中高時代から大学、大学院での学生生活を、当時の写真を交えてお話されました。勉強の傍らで弓道に熱中され、部活動に熱心に取り組まれた学生時代でした。
梶田教授は本講演を通し、特に未来を担う若者に向けて、『若い皆さんに科学に興味を持ってほしい』と熱いメッセージを送られました。
「ひとつのことがわかると、新たな謎が生まれたり、これまでわからなかったことがわかるようになる」面白さや、なんとなく物理を研究しようと決めた進路が、偶然小柴先生の研究室に入る事が出来たり、戸塚先生との出会いがあったりとご自身の体験を交え「人との出会いに感謝、出会いを大切に」と会場の中高生へ投げかけました。

梶田先生の人生の転機として、大学院時代を挙げられました。ノーベル物理学賞受賞者である小柴昌俊先生の研究室に入られた梶田先生は、そこで現在に至る研究に携わりました。初めはニュートリノではないものに関する実験をしていましたが、偶然ニュートリノの変化を目の当たりにして博士論文を執筆されました。

研究内容については、会場の参加者にわかりやすいよう、図や写真を使って丁寧にお話ししてくださいました。実験装置カミオカンデ建設の苦労や、論文発表当時の心境等、ノーベル賞受賞という華やかな功績までの道のりも詳しくお話しいただきました。

生徒から様々な質問がありました
生徒から様々な質問がありました
梶田先生から端的に答えていただきました
梶田先生から端的に答えていただきました
中学麗鳳会より花束贈呈
中学麗鳳会より花束贈呈

講演終了後は、麗澤中学・高等学校の生徒より、「謎を解き明かしていく過程で、知りたくないことまで知れてしまうのは、怖くないですか」という質問や、「どのようなモチベーションで研究を続けてこられましたか」といった質問が挙がり、梶田教授にお答えいただきました。続いて生徒より梶田教授へ花束が贈呈され、その後麗澤中学・高等学校校長 竹政幸雄より閉会の挨拶があり、講演会が終了しました。

ホームへ先頭へ前へ戻る