2009/10/22

【中学1年生】下田の森を見学

自分プロジェクト


10月22日(木)、中学1年生は「酒井根下田(しただ)の森緑地」(下田の森は、JR南柏駅からバスで10分、龍光寺バス停下車、徒歩3分)の見学に行ってきました。この研修は自分プロジェクトの一環として里山の自然を体感する目的で毎年行っているものです。下田の森は市街化された柏市内にもかかわらず、今でも里山の自然が見事に保全されています。
現地では、「下田の森自然公園友の会」の皆さんが里山についての説明をしてくださり、わずか1時間という短い時間でしたが、里山が水田を挟み込んだ谷津と呼ばれる地形、今も残されている野馬土手、斎藤家の古民家、湧水によって耕作される水田、そば畑、落花生畑、秋の里山を彩る柿など、生徒たちは「里山の秋」を堪能し、たくさんの学びを得ることができました。

里山の湧水のお話
里山の湧水のお話
熱心に話を聞いています。
熱心に話を聞いています。
もち米を収穫した後の田圃
もち米を収穫した後の田圃
脱穀機
脱穀機
唐箕
唐箕
野馬土手についてのお話
野馬土手についてのお話
谷津を見下ろして
谷津を見下ろして
下田の森の生態系
下田の森の生態系

ホームへ先頭へ前へ戻る